arnk

menu
閉じる

お客様の声一覧

Voice

♯03
デザインエコバッグ提案

株式会社太田製材様は、昭和38年から木製パレットの製造・販売を行っており、長年培われた技術でコストダウンに取り組みつつ、高品質の製品をお客様にご提供していくことを目指しております。
現在、木製パレットの生産枚数は、月30,000枚を超え、大手メーカー様用パレットから農作物用パレットまで幅広く製造しております。
平成31年に現・代表取締役社長の太田徳昭氏となりました。2020年に80周年を迎え、「物流をサポートする」という誇りのもと、邁進されています。

80周年を記念した“エコバッグ”をご提案


経緯

太田製材様が【80周年】を迎えられるということで、弊社から【80周年】のアピールをしないかと話を持ちかけたことが始まりです。

提案

【80周年】のアピールとして、他の会社とは違ったカタチで、エコバッグのノベルティ提案をさせていただきました。

アンク :
80周年、おめでとうございます。
80年会社を存続している企業もなかなか少ないと思います。
今年は記念すべき年ですね。
太田社長:
そうですね。
80年間同じ業種でやれたのは幸せですね。
今後はお客様のニーズをしっかり捉えた中で製品を作り出していかないと、100年には届かないのかなと思っています。
これからもお客様の声を大事にしていきたいと思います。
アンク :
エコバッグご提案の際は「それ面白そうだ!」とご決断いただきましたが、決め手はありましたか?
太田社長:
率直に面白そうだなと思いました。
あと、タイムリーで意外性がありましたね。
これまではノベルティと言えばボールペンとか事務系のモノであればよくありましたよね。だけど【エコバッグ】ときたので…、まったく想定外でした。
今ちょうどポリ袋の有料化も重なったので、社員も喜ぶだろうなと思いました。あとは取引先などにも配りたいですね。
アンク :
完成品をみていかがでしたか?
太田社長:
予想以上に良かったですね。予想を上回りました。(笑)
アンク :
いくつかデザインパターンをご提案した中で選択していただいたデザインは、御社の二人の女性社員から選んでもらったんですよね。
太田社長:
そうですね。女性的な感性や視点が良いかと思いました。
デザインセンスはうちの女子事務員を褒めてやってください。(笑)
買い物には男性はなかなか行かないですからね…。
そういう買い物を想定してのデザインでしょうから、そこが良かったのではないでしょうか。
アンク :
今回はご協力頂きありがとうございました。
取材協力:株式会社太田製材
代表取締役社長 太田 徳昭 氏